profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

new

comment

archives

「笑う門には福来たる」笑って健康に!!

初冬の美ヶ原
 筑波大学名誉教授 村上和雄先生をご存じですか?
 遺伝子解読研究の第一人者で、特に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の解読を世界で初めて達成されました。
 
 先生の著書は、沢山ありますが「DNAは、ほんの3%しか機能していないので残りのいろんな機能をオンにする無限の可能性が残っている」と説いています。

 その中にとても興味ある実験があります。

 2003年1月、吉本興業の芸人さんと糖尿病患者さんの協力で次のような実験をしました。
 「糖尿病とお笑いに関係」です。
 血糖値は、陰性ストレスで上がると言われていますが、陽性ストレスで血糖値が下がるかを証明するためです。

 昼食前に血糖値を計測し、昼食後実験(1日目教授講義、2日目お笑い)を行いその後再度採決して血糖値を計測します。
 1日目は、医学部教授による糖尿病のメカニズムのお話でとても役に立つ講義です。被験者の皆さんには、余り面白くなかったようです。
 2日目は、漫才の「B&B」の二人によるお笑い公演です。会場は、思ったとおり爆笑の渦だったようです。
 その実験の結果、ほとんどの被験者の食後血糖値は大幅に抑えられていました。

 また、「笑いと遺伝子の関係」の調査でも、沢山の遺伝子がオンになっていることが解りました。
 その他にも、ガン患者さんに喜劇や落語を見せたら自然免疫力を司るナチュラルキラー細胞が増えたと言う報告や、
 アトピー性皮膚炎の患者さんに漫才のビデオを一定期間見せたところ症状が軽減したという報告もあります。

 病気にこれほどの効果をもたらすことがが証明されました。
 やはり「笑う門には福来たる」ですね。


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング


コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック