profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

new

comment

archives

腸内細菌て何ですか?口から入っていますよ!

小菊
 「腸内細菌」て聞いたことありますよね。
 この腸内細菌は、すべて口を通ってくるんですよ。
 口の中にいる細菌なんですよね。

 腸内細菌てどのくらいいるのでしょうか?
 10年ほど前までは、一人の腸の中に100兆個と言われていましたが、今ではその5〜10倍の500兆〜1,000兆個もいると言われています。

 何種類くらいの細菌がいるのでしょうか?
 昔は100種類程度と言われていましたが、今では、500〜1,000種類と見積もられています。
 口の中にも400種類以上は、いると言われています。
 凄い数ですね。

 細菌の総量は、どのくらいの重さでしょうか?
 総量は、1.5kgといわれています。つまり、肝臓並の重さなんですね。

 細菌の食べ物は、腸内を流れてくる消化物で、細菌ごとに好みが決まっていて特定のものしか食べません。ある細菌の排泄物をほかの細菌が食べ物にしてその連鎖でつながっています。
 細菌の中には、よい影響を与える「善玉菌」、悪い影響をする「悪玉菌」がいます。その他に「日和見菌」と言われるグループもいます。
 この「日和見菌」は、善玉菌が強いときはおとなしいのですが、悪玉菌が強くなると一緒になって悪さをし始めます。数の上ではこの細菌が全体の約7割を占めます。
 この3種類の細菌群の比が、2対1対7(善対悪対日和見)ぐらいが理想で、このとき黄色がかったバナナ場のウンチがつるりとでます。

 細菌のバランスは、代謝や免疫などの体の機能に大きな影響を与えます。
 例えば肥満の人には、特定の細菌が多いことが分かってき、「太りやすい体質」が腸内細菌に左右されているそうです。

 これからもっと研究が進めば、腸内細菌の種類と病気の関係が分かり、細菌を制御して病気を防ぐ方法もみえるはずです。

 口腔内の細菌の検査で虫歯や歯周病だけでなく、全身の病気を早期に発見できるようになるかも知れませんね。
 口の中を清潔にしていることは、きっと全身の病気を防ぐ役割もしていると思います。
 


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング


コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック