profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

new

comment

archives

豪でペットボトル入り水販売禁止


 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・シドニー南西部にある人口約2500人の町バンダヌーンで9月26日、ペットボトル入りの飲料水の販売が禁じられ、店の棚にあったペットボトルが撤去され再利用可能な容器に置き換えられました。
 この画期的な条例の制定は、世界に類を見ないとてもすばらしい取り組みです。


 この背景には、豪飲料会社ノーレックス・ホールディングス(Norlex Holdings)が、バンダヌーンでくみ上げた地下水をシドニーでボトル詰めし、再びバンダヌーンに輸送して販売するとの計画を発表したことがあるります。
 ペットボトル入り飲料水の販売禁止が圧倒的多数の支持を得て決議されたのは、今月上旬のことで、人口約2,500人のうち355人が住民集会に参加し、反対票を投じたのはたった1人だけだったそうです。
 町では、無料の給水ポイントを新しく設けるほか、再利用できるプラスチック容器や冷たい水道水を店頭で安価に購入できるようにする計画だそうです。

 私は、いつも日本の飲料用自動販売機の多さに疑問を感じています。
 世界中でどこに行ってもこんなに多くの自販機を見ることはありません。
 日本の自販機は、常に冷やされまた加温されています。つまり、いつも電気エネルギーを使い続けているわけです。
 これは、エコでしょうか?
 自然に優しいことでしょうか?
 山道の峠の頂上にもぽつんと自販機だけが立っていたりします。
 異様な光景ですよね。
 自販機が多くなるにつれ、空き缶がやペットボトルの不法投棄が多くなり自然が汚され、また、それを綺麗にするために多くの税金が必要になります。
 私たちは、不便を便利にすることにはエネルギーを沢山使います。それは、商売になるからです。
 しかし、便利を不便に変える努力はいやがります。
 でも、エコをして、二酸化炭素の排出を25%減少させるには大変なお金が必要になります。
 私たちも今の生活を見直す時期に来ていないでしょうか?

 今日は、中秋の名月・満月だそうです。

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック