profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

new

comment

archives

林 揚春先生講演会「患者に優しいインプラント処置」


 9月12日(土)日本大学歯学部・松戸歯学部同窓会長野県支部学術大会講演会が松本市歯科医師会館で開催されました。
 講師には、日大出身で東京都高田馬場開業している林揚春先生をお招きし、「患者に優しいインプラント処置」と題して講演いただきました。


 先生は、私も昨年から採用しているカルシテック(白鵬)で抜歯即時インプラント埋入を早くから推奨しています。

抜歯即時インプラント埋入は、骨造成処置としてのGBR処置を最小限にすることで、術後疼痛や腫脹を最小限にでき、外科治療回数を少なくし、治療期間の短縮することで、患者さんの負担を最小限に出来るというメリットがたくさんあります。

 患者さん中心のインプラント治療を考えるならば、なるべく侵襲とリスクの少ない埋入時期と術式を考慮する必要があります。
 多くの症例をお示しいただきながら、「患者さんに優しいインプラント治療」についてご教授いただきました。

 当医院でもカルシテックを採用しています。
 林先生のご指導をいただきながら日々研鑽しています。


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング
 
 
 

 
 

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック