profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

new

comment

archives

にじ会 8月例会 担当 宮下先生


 にじ会8月例会が8月20日(木)宮下昌俊先生(塩尻市広丘吉田開業)の担当で開催されました。

 テーマは、「欠損補綴の考え方 その2 〜歯槽堤増大法〜」でした。


昨年のケースプレで欠損補綴の考え方その1として、自家歯牙移植の症例を歯発表しました。
 今回はその2として歯槽堤増大法及びソケットプリザベーション、GBR
を行った4症例を発表していただきました。

 1.ブリッジの欠損部を歯槽堤増大法にて改善させた症例
 2.抜歯窩をソケットプリザベーションテクニックにて保存した症例
 3.歯根破折によって吸収した歯槽骨をソケットプリザベーションテクニックにて保存を試みた症例
 4.歯根破折によって吸収した歯槽骨をGBR法にて回復させた症例

 を検討しました。
 GBR法については、補填材料やGBR膜などについてまだ決まった方法が確率していないように思います。
 残っている歯槽骨の状態により変化します。
 多くの症例を発表・検討してスタディーグループ内で更に研究したいと思います。


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック