profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

new

comment

archives

松本落語会 「柳亭市馬独演会」

柳亭市馬師匠1
柳亭市馬師匠2
 7月13日午後6時30分から瑞松寺において、松本落語会「柳亭市馬独演会」約120人のお客さんを集めて開始されました。

 まず、市馬師匠の3番弟子の柳亭市也さんが「転失気」を演じました。
 この「転失気」は、私が落語を趣味にすることになった曰くのある噺です。
 中学2年生の時、ラジオで三遊亭円生師匠のこの噺を聞くかなかったら趣味にすることはなかったでしょう。 
 
 その後いよいよ真打ち登場!
 柳亭市馬師匠枕で会場の観客の心をうまく引きつけながら
 「唐茄子屋」の与太郎噺をしました。

 1席目と2席目の繋ぎの時間に師匠お得意の「流行歌」をアカペラで披露していただきました。
 懐かしの流行歌で、「貫太郎月夜」、「哀愁列車」など10曲近くを熱唱しました。
 懐かしの流行歌は、詩がとても好きだとお話されていました。

 2席目は「夏の医者」でした。

 中入りでは、市馬師匠と前座の市也さんの色紙の抽選会が行われ、幸運にも市馬師匠の色紙が当たりました。
 (本当は、ここで運を使わないで夏のジャンボで使いたかったな・・・。)

 暑い夏の夜でしたが、市馬師匠の熱演で更に暑い独演会を堪能しました。
 師匠には、11月7日の塩尻RC創立30周年記念独演会でも熱演を期待いたします。


 <ガッテン・クリック!!>

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ランキングサイト
  

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック