profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

new

comment

archives

梅干しで若返ろう!

09のラベンダー
 今年は、「梅雨」らしい梅雨ですね。
 
 気温も湿度も高くなると心配なのが食中毒です。

 お弁当に梅干しを入れるのは、梅干しのクエン酸が食中毒の原因の細菌の増殖を抑えるからです。
 このクエン酸は、体に吸収されにくいカルシウムの吸収率を高める働きをしますので、骨を丈夫にします。 
 また、梅干しの酸っぱいさの基ですから、唾液の分泌を活発にしてくれます。

 唾液には、消化酵素やホルモンが沢山含まれていて、唾液を出すと健康になり、若返ることもできます。

 消化酵素では、プチアリンというご飯などのデンプンを甘い麦芽糖に変えるものが有名です。
 
 ホルモンでは、パロチンという老化防止、若返りホルモンといわれるものが出てきます。
 このホルモンは、骨や歯を丈夫にしたり、血管の若さを保ち、皮膚や髪の毛の発育を助ける働きもします。

 そのほか唾液には、口の中の殺菌・抗菌作用や食べ物のカスを歯につきにくくするなど虫歯や歯周病の予防のも役立つ作用を持っています。


 食事の時、梅干しを食べたり、早食いしないでゆっくり時間をかけてよくかんで食べることで、健康を若さを保つことができます。


<ガッテン・クリック!!>

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ランキングサイト
  

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック