profile

私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

new

comment

archives

テレビ松本「広報しおじり」で赤十字奉仕団の広報と社資募集

JUGEMテーマ:ニュース
 先日、テレビ松本「広報しおじり」で塩尻市赤十字奉仕団の広報と日赤社資募集の為の録画撮りをしました。
 宮澤弘也新委員長とツーショットでの番組です。
 素人解説ですのでしどろもどろですが、赤十字への思いをお汲み取りください。
 5月20日(月)に数回放映されます。
 お時間がありましたらご覧下さい。
 社資募集ご協力お願い申し上げます。
赤十字収録

赤十字収録2

日赤2
 
ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



塩尻市赤十字奉仕団委員長に宮澤弘也さんが新任される

JUGEMテーマ:日記・一般
 4月第1回塩尻市赤十字奉仕団委員会にて塩尻市大門地区の宮澤弘也さんが新委員長に選任され、小口塩尻市長より委嘱状を交付されました。 

 市民の皆様や赤十字奉仕団員の皆様には、8年間ご協力、ご援助いただきありがとう御座いました。皆様にご満足いただけるような活動は十分にできませんでしたが、宮澤新委員長さんを中心に減災に備えた活発な活動をご期待申し上げます。今後は、顧問として奉仕団委員会の活動を援助できればと思います。ありがとうございました。
 今後ともご協力をお願い致します。

日赤2
委員長交代

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



5月は、「赤十字月間」です

JUGEMテーマ:ニュース
 5月は、「赤十字月間」です。

 ジャン・アンリ・デュナン(Jean Henri Dunant, 1828年5月8日 -
1910年10月30日)は、スイスの実業家である。赤十字社を創設し、1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞しました。

 そして、デュナンの誕生日の5月8日は、「世界赤十字デー」です。

日本赤十字の活動は、皆さんの社資によって支えられています。
是非、出来るだけのご援助をお願い致します。
 
 東日本大震災の義援金は、全て被災地に寄付されています。

日赤1
アンリー・デュナン
ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



平成24年 塩尻市消防出初式

JUGEMテーマ:日記・一般
 平成24年1月8日(日)塩尻市:レザンホールにて恒例の塩尻市消防出初式が開催されました。
塩尻市赤十字奉仕団委員長は、毎年ご招待を受け参列します。
今回、カメラを忘れ写真がありません。
 平成23年度全国統一防火標語は、
「消したはず 決めつけないで もう一度」です。
出初式1
 今年は、約600人の消防団員が参加し、式典と消防活動に尽力した団員、分団や諸団体の表彰が行われました。

 式典においては、塩尻市内で26件の火災があり、1人の犠牲者がでました。今後は、安心安全な塩尻市を創るため、予防消防に徹し活動をし全力を注いでほしいとの呼びかけがありました。
出初式2
 例年、壇上にて参列しています。
 赤十字奉仕団も炊き出しや救護をするため日頃の訓練や研修を積極的に進めていきます。
 
人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



テレビ松本「広報しおじり」塩尻市赤十字奉仕団委員長出演!!

JUGEMテーマ:日記・一般
日赤
 22日のテレビ松本「広報しおじり」に”赤十字運動増強月間”のPRの為に塩尻市赤十字奉仕団委員長が出演しお願いします。(テレビ松本チャンネル701)

  時間は、   
   午前10:15〜10:30  
   午後 5:45〜 6:00  
   午後 7:15〜 7:30   
   午後 9:15〜 9:30  
   午後10:45〜11:00 

  の4回放映します。  是非、ご覧下さい。


5月は、「赤十字運動月間」です

JUGEMテーマ:日記・一般
藤原紀香さん

アンリー・デュナン
 毎年5月は、「赤十字運動月間」です。

 赤十字の提唱者のアンディー・デュナンの誕生月のためです。
 彼は、1828年5月8日が誕生日で、この日は、「世界赤十字デー」になっています。
  日本赤十字社は、この5月の「赤十字運動月間」に社員と社費の募集を重点的にしています。
  毎年500円以上を社費としてご寄付いただくことにより社員になれます。

” 赤十字は「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則(赤十字の基本原則)のもとに、世界最大のネットワークを持って活動する人道機関です。
「赤十字国際委員会」「国際赤十字・赤新月社連盟」「各国の赤十字社・赤新月社」の3つの機関で構成されており、日本赤十字社は世界の186カ国に広がる赤十字・赤新月社のひとつです。

  日本赤十字社は、世界186カ国にある赤十字・赤新月社のひとつとして、日本赤十字社法という法律に基づいて設立された法人です。
1877年(明治10年)に創立された博愛社を前身とし、日本政府がジュネーブ条約に加入したことに伴い、1887年(明治20年)に日本赤十字社と改称しました。
東京に本社をおき、全国47都道府県にある支部、病・産院、血液センター、社会福祉施設などを拠点に、国内外の災害救護、医療、血液、社会福祉などの事業、救急法の普及、青少年赤十字、ボランティア活動など、幅広い分野で活動しています。
こうした活動は、毎年一定の資金を提供して下さる社員や、様々な活動を展開するボランティアによって支えられています。(日本赤十字社ホームページより)”

 国内は元より海外で起きた災害には、いち早く救援隊を派遣して被災者の救護に当たり、また、救援金を被災地に送ります。
 日本赤十字社は、皆さんの社費と寄付金のみにより運営されています。
 皆さんからの支えがとても必要です。
 是非、御協力下さい。


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



原好住さんと突然のお別れでした


 北安曇郡赤十字奉仕団委員長で赤十字奉仕団長野県支部委員会副委員長の原好住さんが5月下旬大腸ガンの為亡くなりました。
 突然のお別れでとても驚きました。

 原さんとは、私が塩尻市赤十字奉仕団委員長として長野県支部委員会に出席するようになってからのお付き合いでした。
 同じ中信地区で安曇野市赤十字奉仕団委員長の等々力秀和さんと一緒に委員長会議の時、同じ部屋に宿泊してから特に親しくして頂いていました。
 毎年、委員長会議でお会いし活動の状況や赤十字奉仕団のこれからの展望について好く議論しました。

 原さんは、東南アジアで何年もボランティア活動をなさり、地雷除去で被爆し体にはまだその鉄片が幾つも残っている事などをお聞きしていました。
 ふるさとに帰って来てからもボランティアの志は変わらず、「北の安曇野ガイドマスターボランティア」として特に子供達に自然のすばらしさを教えていました。

 お会いするといつも「歯は、大切だからいつも定期健診に行くんだよ」と体には気を遣っているようでしたが、体調が思わしくなく奥様がお医者さんに受診するように促してもなかなか懸からないでいたようです。

 昨年5月委員長会でお会いした時少し痩せられていたのでダイエットしたのかと思っていましたが、その時には、すでに出血のため体が貧血状態でいたようです。
 また、7月に塩尻市総合文化センターで奉仕団員研修会がありこのときが最後になりました。
 いつも、是非中信地区の委員長だけで集まって飲みながら一度集まりましょうと相談していましたがそれも叶わなくなりました。

 原さん、もっといろいろ教えて頂くことがまだ沢山ありました。 
 とても残念です。

 心よりご冥福をお祈り致します。
 合掌

(写真は、お悔やみに伺った時の原さんが愛した安曇野の常念岳です)

 
  人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング
 

平成22年度塩尻市赤十字奉仕団吉田分団団員研修会

炊き出し訓練
心肺蘇生法研修
 平成22年度塩尻市赤十字奉仕団吉田分団団員研修会が5月23日に吉田地区センターで開催されました。
 あいにくの雨模様にも関わらす60人以上の団員の皆さんが参加しました。


 日赤信条唱和、団長の挨拶、役員紹介が行われた後研修が行われました。

 まず,初めに「日赤の活動について」と題して都筑副団長が講演をしました。

 続いて、ハイゼックスを使った炊き出し訓練を行い、炊きあがるまで実習を行いました。

 救護訓練実習は、島敏博指導員を中心にAEDを使った心肺蘇生法について行いました。

 実習では、全員で心肺蘇生法の体験やAED使用体験をし、皆さんから沢山の質問を受けました。

 皆さんの好奇心の高さに驚きました。

 是非、全員が正規の講習会を受講して欲しいものですね。
 
 

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング
 
 

平成22年度塩尻市赤十字奉仕団班長以上研修会

塩尻市赤十字奉仕団班長以上研修 小柳係長
塩尻市赤十字奉仕団班長以上研修 松井主事
島指導員
 5月16日(日)午後塩尻市健康福祉センターにて「平成22年度 塩尻市赤十字奉仕団班長以上研修会」が開催されました。約70名以上の皆さんが参加しました。
 班長以上研修の目的は、社費募集に際して日赤について理解して頂くためです。


 日赤の事業の内容把握やボランティア活動について詳しい知識を持ってもらうことで、社費の必要性を皆さんにアピールできます。

 今回の研修会の講師として、日本赤十字社長野県支部組織振興課の小柳由佳係長と松井淳一郎主事に「日本赤十字社のこの一年」と題して日赤の事業内容、そして日本赤十字社の一年の活動内容のDVDを上映しました。

 実習として、「AEDを使った救急蘇生法の初歩」について島敏博指導員に講義、実習して頂きました。

 ご参加頂きました皆さんは、真剣に研修されていました。

 皆さんのご協力で少しでも多くの社費が募集できますようお願い申し上げます。


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング
 

5月は「赤十字活動月間」「命を救う、力を合わせよう」です

日本赤十字社
藤原紀香さん
アンリー・デュナン
 日本赤十字社は、毎年5月を「赤十字活動月間」としています。

 今年のテーマは「命を救う、力を合わせよう。」です。


 そして、赤十字広報特使は、藤原紀香さんです。

 スイス人の実業家アンリー・デュナンは1859年イタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノで悲惨なありさまを目の当たりにしました。デュナンは放置されていた負傷者の救護活動にあたりました。

 「傷ついた兵士はもはや兵士ではない、人間である。人間同士としてその尊い生命は救われなければならない。」

 ジュネーブに戻ったデュナンは、この戦闘の模様を「ソルフェリーノの思い出」に著し、この中で国際的な救護団体の必要性について訴えました。この本はヨーロッパ各国に大きな反響を呼び、1864年にはジュネーブ条約が調印されて、国際赤十字組織が誕生しました。

 5月8日は、アンリー・デュナンの誕生日です。
 そこで5月を「赤十字活動月間」にしています。

 日本赤十字社の奉仕活動を支えているのは、皆さんの社資と寄付金のみで国などからの補助はありません。

 それを資金として、日本赤十字社は主に次のような活動をしています。

 ・赤十字ボランティア
 ・青少年赤十字
 ・国内災害救護
 ・国際活動
 ・赤十字病院
 ・看護師等の教育
 ・血液事業
 ・救急法等の講習
 ・社会福祉
  
 皆さんの赤十字への援助のお気持ちが、世界の被災者や弱い立場の人たちの一助になります。
 是非、赤十字活動にご参加、ご援助ください。


人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

長野県ホームページランキング
 

| 1/8PAGES | >>